google翻訳

Sutliff / Creme Brulee

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

途中で心が折れていなければ…、
この記事は奈良マラソンを走っている最中に投稿されるはず。

スタートして1時間経っているので、ちょうど奈良公園あたりかな?
と、いうわけで前日に準備した記事です。

———-

久しぶりに、本格着香の新しい銘柄だ。

…なのだが、このCreme Bruleeはものすごい。
バルクのなので袋に入っているのだが、見るからにベトベト。
袋に張り付くリボンカットの葉は、”にっちゃり”していて危険な印象がある。
これで燃えてくれれば良いのだが、燃えずにくすぶるだけで
妙な甘さだったらどうしようかと心配になる。

枯れた濡れ落ち葉のような湿り具合が、不安でしかたがない。
昔、山道をバイクで抜けるときに濡れ落ち葉で豪快にスリップしたから
こんな悪印象になってしまうのかと思うほどである。

袋を開けた時の香りは幸いというか、割と普通のバニラ系着香だ。
クリームブリュレと言うからには、カラメルの香ばしさの効いたプリンのはず。

それでも、どうしてもこれをブライヤーパイプに突っ込む勇気は出ず
中華コーンパイプを使うことにする。

袋から葉を取り出すが、やっぱり濡れすぎていて摘むと指先が湿る。
何度も指先についた甘い匂いを嗅いで確認してしまう。
詰め具合もイマイチ判り難い。
一瞬しっかり乾かしてからとも思ったが、わざわざこの状態で売るんだから
このまま詰めて喫うもんなのだろうと思い直す。

火を点けると、ブジュブジュと水分の沸騰する音と煙を出す。
もしかするとこのブジュブジュという音が
「クリームブリュレ」の名前の由来かとも考えたり。

前半はその水分のためか、火保ちは悪く何度も点け直す。
そのうち葉が熱で全体的に乾くのか安定して燃え始める。
喫味はNewminster/No.47 Danish Blackを軽く香ばしくした感じ。
それ自体は悪くない。
そして、意外にも他のコッテリ系の着香とは異なり葉はきれいに燃えていく。

img_3191

smokingpipes.com/Sutliff:クリームブリュレより直訳

Sutliffのクリームブリュレはカスタードのための特定の味を持っている人のために作成された豊かなブレンドです。黒キャベンディッシュ、バーレー、バージニアはクリーミーなバニラ、蜂蜜、カラメル風味の少なからによって参加しました。

This delicious gourmet blend was created for those who prefer a custard or pudding as the perfect end to a good meal. A rich creamy texture of vanilla, caramel,...

着香物として喫味は悪くないしきれいに燃えきるのだが
濡れ落ち葉の印象はどうしても拭いきれず、妙なストレスを感じるという
超個人的な残念な理由でリピートはないと思われる。

あと、気になるのがこのベトベト具合で「燃える」ということは
ベトベトの元がアルコールかオイルじゃないかということ。
あまり揮発していないところを見るとオイルなのかな?
どうも燃焼温度が高いような気がする。

ただ、常喫可能性のランキングでは、
さすがにそんな理由は省いて順位付けをしようと思います。

コメント

  1. maron より:

    こんにちは。
    健康的ですね。無事完走されることを祈っております。

    パイプたばこの保湿剤としてプロピレングリコールやグリセリンが使われますが、べとべとの原因はこれかもしれないです。
    着香ものでもべとべとしてない、むしろ乾燥してるような銘柄は割とあって、
    SGやピーターソンの限定着香もそうですが、個人的に一番カラカラだなーと思ったのがC&D AutumnEveningですね。
    缶入りでしたが、パサパサになっていました。
    ただ、火をつけると蒸せかえるような甘いメープルシロップの香りが部屋に充満します。
    キャプテンベスターなどのパウチものも乾燥してるものが多いですが、確かバニラはべたべたしてた気がします。
    バニラ着香はべたべた度が高い・・・?

    • Kewpie より:

      おかげさまで、後半は歩いたものの何とかゴールまで到着できました。4年ほど前に走リ始めるまでは、スポーツとは全く縁のない超インドア派でした。。。

      これまで着香物で試したのはバニラ・クリーム系がほとんどですがしっとりしたものが多かったですね。今回のはしっとりを通り越して「ねっちゃりしてる」という表現に近い状態でおどろきました。
      バニラ自体がオイルに溶かすかアルコールに溶かすかでフレーバーを取り出すので、(化学合成されたのであれば別でしょうが)どっちなんだろうとか思ってました。でも単純に保湿剤の可能性ありますね。
      しっとりしたタイプの煙草は煙までむわっとしてまとわりつくように思えるので、もう少し乾燥していてもいいかなと思ったり。でもわざわざここまで保湿してあるのを乾燥させるのは、メーカーの意図からは外れそうですね。。。

      • maron より:

        無事ゴールおめでとうございます!
        ケガが無ければなによりです。

        今少し検索してみたら、バニラオイルというものがあるのですね・・・バニラエッセンスはよく聞きますが、製法は初耳でした。
        そうすると香料自体の作用も大きいかもしれません。

        バルクだとメーカーの意図はどうなのかわかりにくいですね。
        回転率が悪ければ店頭保管でもある程度乾燥や着香抜けはありそうですし、それを想定して過度に加湿している可能性もあります。
        もしかしたら入荷直後を購入したのかもしれません。
        だとしたらちょっとラッキーですね。