google翻訳

Dunhill / My Mixture 965

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

超有名ラタキア銘柄のMy Mixture 965。
パイプ煙草をはじめた頃から気になっていた超有名銘柄で期待大。

早速ボウルにがさっと詰めて喫い始めたわけだが
期待しすぎたか、想像が膨らみすぎたか、何か違う。
何だろう、何がちがうんだろう?と考えてみたが
喫いにくさとかはないのだが、どうもしっくりこない。

何と表現してよいのか…
これって前回のBob’s Chocolate Flakeでも
感じた印象と同じなのかもしれない。

よくわからないけど、「イギリス風」を強く感じると
こんな印象になるのかな?

img_3192

smokingpipes.com/ダンヒル:私の混合物965より直訳

ダンヒルのマイ混合物965は、フルボディのタバコの愛好家のためのものです。最高級の小さなラタキアは、豊かなナッツの風味と涼しさを与えます。マケドニア明るいオリエンタル甘さのために追加されます。ブラウンキャベンディッシュは、すべて確認し、パイプ喫煙者は愛するブレンドを完了します。

Dunhill's My Mixture 965 is for the connoisseurs of full bodied tobacco. Choicest small latakia imparts a rich nutty flavor and coolness. Macedonia bright is ad...

一般的な言葉で言うと「渋い」とか「暗い」になる気もするが
他のそんな印象の喫味とは違う。

前に出たケンダル臭というのもはっきりと理解しているわけではないけど
それともおそらく違うはず。。。

喫い終わってからも手を止めてうんうん唸りながら考えていたのだが
どうやらこの違和感、「革」のように感じる喫味だと気付いた。
「酸化したナッツ」のような匂いに近いようにも感じる。
ぼーっと喫っているとそんなに気になるものではないけど
一度気になると「何だ何だ?」となってしまう。

高級っぽさはあるけど、個人的にあまり得意ではない。。。
これってラタキアからくる印象・・・なのか?
スタンダードで人気の商品がイマイチ合わないって、何とも残念だなぁ。