google翻訳

5100 – Red Cake × 悩ましい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

ありゃあ、かなり美味しいぞ。少し乾燥が進んだのかも知れない。
ちょっと煙草感や煙量が多くなったような気がするし
火保ちも良くなったんじゃないだろうか。

ここのところ紹介してもらったMcClellandのバルクバージニア物を
色々と続けて喫っている。
喫ってみての比較は改めて書こうと思うが
バルクバージニア物に限った話では、どれも匂いに酸味を感じるものの
キツいと思うほどのケチャップ臭は感じない。
酸っぱい香りが強めのものほど、喫った時の旨味は強いようだ。
それにバリバリのリボンカットの他銘柄と比べると
相変わらず再点火は行うものの、火点きも火保ちもビクビクしていたほど悪くなく
この5100-Red Cakeに至っては今回、実にきれいに燃えている。

これはまたもや困った。
前に着香三羽烏で悩んだのと同じく、McClellandのバージニア群も
違いはあるけど優劣をつけるような差はほとんどないぞ。

ところで、5100そのものの話に戻るが
初めて喫ったときは静かな煙草だと感じた。
ところが上には上があってG.L.Peaseの煙草はさらに静かな印象だった。
それと比べるからか、5100は意外と煙草らしい香りが立っているように思え、
その中にMcClellandらしいややクセのある甘みと、酸味からくる旨味を感じた。
おとなしくて面白みが少なく思っていたのは、どうやら間違いだった。
これならバランスも良く、人気があるのも十分うなずける。

理由ははっきり判らないが、同じ1袋でこんなに印象が変わってしまっては困る。
言葉では困るといいつつ、変化していることを楽しんでいるのだが
基準がどこなのか決められないのはやっぱり少し問題だ。

この前のGoldenGlowじゃないけど
元々の状態に大きな差があるのに、それを元にコメントを書いていたら
周りから見たら「何を言ってるんだコイツは」と思われかねないし
自分自身「一体何を感じ取っていたんだろう」と訳が分からなくなってしまいそうだ。

でも、ここはやっぱり
「それも含めてパイプ煙草なんだ、仕方がない」と楽しむしかないのかな。

コメント

  1. maron より:

    こんにちは。
    よくわかります。体調というか、気分でも感じ方が変わるというか、喫い加減が変わるのか、とにかくなんか変わりますよね。
    私が特に喫味が変わると感じるのは、それまでにどんなものを喫っていたか、によるものです。
    以前は着香ものもよく喫っていたのですが、バージニアブレンドに手を出すようになってから、どうも喫味が薄い感じがして、手が伸びなくなりました。
    ラタキアものを喫ったときも、その後のバージニアブレンドはなんだか物足りなく感じましたね。
    当時はゴールデンスライスドやバージニアNo.1などの軽いものを喫っていたこともあるでしょう。

    濃い喫味に慣れると、なにもかも薄口のように感じてしまうのかもしれませんね。
    個人的に5100は荒々しい印象を持っていて、ケンタッキーに関しても刺激が強い印象を持ってました。
    なので、Kewpieさんはピーターソンのようなアイリッシュ系の、強いレンジの舌をお持ちなのかな、と想像していました。

    McClellandのバージニアを続けて喫っているそうなので、そのレンジに舌が慣れてきているのかもしれません。

    • Kewpie より:

      以前喫った時の記憶を元に煙草を選んで火を点けると頭の中が「?????」となって、
      違う煙草を選んだかな?とパッケージを見直してしまいました。

      気候かな?体調かな?パイプかな?とか色々考えましたがよくわからずでした。
      確かにC&Dのバルクに口が慣れたなと思う時期があったので、それが治まってきたのかもしれません。

      ところで「ピーターソン」というのは、パイプメーカーとかじゃなくブレンダーさんの名前ですか?

      • maron より:

        Petersonというメーカーですね。
        http://www.tobaccoreviews.com/brand/45/peterson

        アイルランドに拠点を置いていて、アイリッシュブレンドというのでしょうか、なかなか喫味もニコチンも強い銘柄を出しています。
        確か関西パイプオフに行かれた際に、限定ものを試喫してたと思います。
        毎年出る限定着香はまろやかで私も好きだったのですが、IrishシリーズやPerfectPlug、Universityなど、
        通常ラインはなかなか強烈なものが多いです。

        • Kewpie より:

          柔らかい着香しか知らなかったので、Peterson=キツい という印象が全くなかったです。
          3Pってやつですね!!パッケージは見たことがあります。

          アイリッシュ系ということは、イギリス辺りとまとめて考えず別物と思ったほうが良さ気ですね。
          面白いなぁ。