google翻訳

My Mixture965 と 965 Match と Tuggle Hall の比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

今回比較する3銘柄は本家965と、
それに似せて作られたり、代用として作られたのではという銘柄。
本家965自体も昔とは製造メーカーが変わっているらしく
いくらレシピや配合が同じだとしても昔の味では無いのだろう。

img_3246

写真が下手なのもあるけど、
見た目ではそんなに大きな差がないと言っても良さそう。
敢えて言うなら、My Mixture965の黒色はややぼんやりした感じ。

img_3247

左から順にMy Mixture965、965 Match、Tuggle Hall

どの銘柄も当然ラタキア物だが、
Tuggle Hallはオリエントも抜きで代わりにペリク入り。
おそらくTuggle Hallは本家965を目指して作られたわけではなく
たまたま、代用になりそうだという話になっただけなんじゃないかと思う。

袋を開けて匂いを嗅ぐと
965 Match>Tuggle Hall>My Mixture965 の順で甘い匂いを感じる。
My Mixture965は甘さよりも香ばしさや苦渋さが勝っている印象。

喫味はラタキア物の中では個人的にTuggle Hallの軽やかさや爽やかさが好きで
My Mixture965のほんのりと香る革っぽさがあまり得意では無いことは前にも書いた。
965 Matchには香ばしさはあっても革っぽさを感じないので
Tuggle Hall寄りと言える。

この「革っぽさ」というのは「酸化したナッツ」のようでやや生臭くて
いずれにしてもクセのある匂い。これでラタキア嫌いになる人も多いんだろう。
反対に、この匂いに「伝統」や「高級感」を感じ取る人もいて
それが本家965の人気になっているのかと考えたりした。

僕はDunhillならNightcapのほうが柔らかくて好み。
Nightcapを喫っていた頃は「革っぽさ」なんて意識していなかったので
今喫うと以前の銘柄でも違う感想が出てくるかもしれない。

面白いもので、知らなければ平気だったのに
気付いてしまうと平気ではなくなるパターンだ。
おそらく本家965を初期に喫っていたらまた違う感想になっていたと思う。
絶対比較ではなくあやふやな記憶が頼りの相対比較である以上、
偶然とは言え煙草を試す順番でも好みは変わるのだろう。

スタンダードだからとMy Mixture965を喫ってダメだった人も
965 MatchやTuggle Hallは試しておいて損はないように思います。