google翻訳

Samuel Gawithのバージニア煙草を比較

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

バージニア葉について少し勉強の、Samuel Gawith比較回。

ブライト Golden Glow
レッド Best Brown Flake
ダーク Full Virginia Flake

Samuel Gawithのバージニアはどれも青草のような香りがベースになっていたが
これはおそらく原料のバージニア葉の持つ匂いなんだろう。
この香りを最大限活かした状態で、純粋に熟成度合いの違いを楽しむことができる。

img_3172
そして、写真を見るとMcClellandと同様に
ブライトバージニアとレッドバージニアの間には見た目から大きな違いがある。

この中ではFull Virginia Flakeが一番人気という話だ。
確かにはっきりした香り、強い甘さ、FVFが持つ情報の全てが
いかにもパイプ煙草らしいもののように思える。
おそらく唯一問題になるとすれば、湿度から来る燃やしにくさだろう。
ただこれも、パイプ煙草を楽しむ一貫として乾燥工程を経れば問題はない。

そして、Golden Glowは若々しく元気なバージニアだ。
今回僕の所に届いた葉は、かなりほぐれた状態だったが
本来はもっとフレークの形が残っているものらしい。
まぁ、ほぐす手間が省けたというだけの話だ。
葉の状態としてはふんわりした手触り。気を使わずに詰めて燃やすことができる。
ただ僕の好みからすると、少し若くて元気過ぎかな?とも思う。
(Kaywoodieやコーンパイプを使うと落ち着きが出て良い感じになる。)

そこで、ちょうど真ん中の頃合いのBest Brown Flakeの出番となるのだが
真ん中ということは、悪く言えば中途半端ではっきりしないとなりかねない。
でも僕はこのやや控えめで素朴な感じが好みで、何とも適度な頃合いだと思っている。
Full Virginia Flake寄りになったり、Golden Glow寄りになったりと
ふわふわとした揺らぎも感じたりする。

葉の湿度はFull Virginia Flake同等かそれ以上のようで
乾燥やほぐしをしっかりしておかないと、燃えにくい。
FVFやBBFで特に顕著に感じるのが、上手く詰めて火を点けると
レギュラーコーヒーを入れたときのように葉がムクムクと盛り上がってくる。
これをタンパーでちょこちょこ押さえるのも、何ともいい感じ。
行為自体は他の銘柄でもあるだが、Samuel Gawithの煙草は何か少し違うように思う。
燃えにくさと相まって、いかにもパイプ煙草らしさを感じる。

と、いうところでBest Brown Flakeはかなり良いと感じました。
「微妙に物足りない気が…」と思われそうな位置付けですが
常喫を選ぶなら、これくらいが飽きずに続くように思うのは僕だけでしょうか。