google翻訳

Bob’s Chocolate Flake × ぐぬぬ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

年末に開けたBob’s Chocolate Flake。
美味しいと人気の銘柄のはずなんだが、やっぱりどうも。。。

どうしても着香物という意識があるせいか、チョコレートと銘打っているせいか
どうしてもしっくりこないまま、終わりが近づきつつある。

途中ラタキア用パイプでも着香メインのコーンパイプでも喫ったりしたが
「あ、これかな?」という程度、仄かにチョーレートらしきものを感じる程度で
期待するほどチョコというわけではなかった。
それよりも、独特の花のような香料の香りを感じてしまう。

そのせいで、チョコレートというより
おばちゃんがくれる飴ちゃんに混じっている、コーヒー風味の飴が薄まったものように思える。

何とも悔しい。

薄いコーヒー飴自体は悪くないのだけど
他の人のように「ボブチョコ!!ボブチョコ!!」となれない自分が残念だ。
もちろん好みは人それぞれ違って当然なんだけど。。。

ところが先日、Twitterでこのボブチョコは
チョコの風味がかなり抜けやすくて、
正常な状態ではコーンフレークのチョコみたいな風味というのを教えてもらった。
それが、正当なレベルのチョコ感なら僕の持っているのは、
その1/5のチョコ風味にも届かない。
残念ながら着香のすっかり抜けたハズレパウチに当ってしまった可能性が高い。

そうこう言ってももう終わりに近いので気持ちを慰めるために
tobaccoreviews.comを改めて読んでみた。

すると、中にはあまりチョコ感を感じていない人もいるようで、
そんな人は僕と同じく花の香りや石鹸の香りを感じているようだった。
そしてその花の香りと感じているのはレイクランド香というやつなんだろうということ。
石鹸と出てきているのがケンダル臭っぽい。
(機械翻訳を流し読みしているだけなので、詳しいことはわからない)

レイクランドとケンダルが同じなのか違うのかもわからないけど
このあたりの匂いが何か他の匂いと混じるとしっくりこないようだ。

ひとまずそこまではわかったものの、手持ちのボブチョコを「美味しい!」と言えなかった
この残念な気持ちに変わりはない。