google翻訳

Super Balkan × ありゃ!? + 手巻き煙草

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

前回喫ったときは、「このラタキアすげぇ美味しい〜」と思ったのだが
今回は初めのうちは荒さを全面に感じて「うん、美味しいね」くらいの印象に。

前はどのパイプで喫ったっけ?
パイプの違いじゃなくて季節要因かな?
モワッと湿度高めの日のほうが合うのかな?
それとも、葉が乾燥してしまった?

あの時のめっちゃ美味しい感じは何処へ行ったのか。
訳がわからない。
決して不味いわけじゃないんだ。あの時の印象と差がでているだけ。
う〜ん。

荒く感じたなら、とコーンパイプでも試してみたが、あの印象は戻ってこない。
同時期に喫ったArango/Balkan Supremeも超好印象ラタキアだったけど
こっちも早々に喫い直してみて、もしSuper Balkanと同じ傾向なら
季節や湿度要因なんだろう。

ラタキア物が美味しいのはてっきり秋冬かと思っていたけど、
意外にも夏だったらどうしよう。来年まで大切に取っておくか?
まぁ、とりあえずBalkan Supremeを喫ってから考えるか。。。

—–

話は全く異なり手巻き煙草の話ですが
2週間ほど前に手巻きもある最寄りの煙草屋さんへ
(と、言っても自転車なら20分かかる距離なので車で)行きました。
そこでチェの赤、青、アンバーリーフ白、ぺぺリッチグリーンを購入。

img_3128
クリッパーライターとツゲのカタログをいただきました。

初のチェ青でしたが、僕にはちょうどいい濃さの黒系煙草でした。
刻みはチェ赤よりほんの少しだけ太め。

黒系のタバコと言えば、手巻き初期の頃にドラムも試しましたが、
途中で濃い味に飽きてしまい、消費が大変だった記憶があります。
ちなみにフランドリアの黒、ガンドゥン白は濃い味とたまにくる強烈な甘みで
無性に喫いたくなるときがあります。

チェ青は今のところ、そこまで甘いというわけではないですが
チェ赤と共に「よくぞそこで抑えてくれた」という絶妙な加減が気に入りました。
アンバーリーフは白と黃で迷いはありますが、
ゴールデンバージニアよりあっさりした味で湿度も刻みも適度で扱いやすい。
ぺぺリッチグリーンはマニトゥ金より青々した味の割に優しい。

ちなみに、手巻きで着香物も試しましたが、どうも合うのがなかったですねぇ。
うん、やっぱり手巻きの常喫はこの4種類あたりだな。

手巻きの好みが自分に近い人の喫うパイプ煙草って何だろう。
パイプ煙草も早く常喫が見つかるといいな〜。