google翻訳

Bayou Morning × 妄想

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

あれ?前に思ったほど落ち着いたイメージがなくなった。

暑さでボケてたのかなぁ。パイプの違いかな?
それとも他のCornell & Diehlのバルクを喫い慣れて受け取る印象が変わった?

基本に感じるレッドバージニア+ペリクは変わっていないけど
荒いというか、雑というか。少し抑えた喫い方をしないといけないな。
まぁ、そうすれば美味しいんだけど。

んー、それでもやっぱりコーンパイプのほうがしっくりきそうだ。
Cornell & Diehlのバルクって乾燥系リボンカットばっかりみたいだけど
反対に缶入りは凝ったものも多そうだから、やっぱりその辺は作り分けているんだろう。
手間も価格帯も包装も保存方法も違って、親切だし合理的に思える。

とか、考えてたら中盤少し手前辺りからえらく落ち着いてきた。
あーこれなら、前の印象のままだ。いいなぁ。

手元には同じ葉組で缶入りのフレーク「Bayou Morning Flake」が届いているので楽しみ。
この比較はCornell & Diehlの考えの一端に気付けるかな?
かなり美味しいか、落ち着きすぎてしまっているかのどちらだろうか。

Cornell & Diehlをはじめとして
McClelland、Samuel Gawith/Gawith Hoggarth & Co.はアイテムも多いし、
それぞれの銘柄が、おそらく社風や会社の方針から来ていると思われる
独特の特徴や癖があって面白い。
Mac Barenは特徴的なところもあるけど、上の3社とは何か違うものを感じる。
Peter StokkebyeはLuxuryシリーズ以外はNewminsterに近いのかな?
Lane Limitedはお菓子屋さんで、Sutliffは駄菓子屋さんというのが
今の時点でのざっくりした勝手な僕のイメージ。

こうやって色々と妄想をするのもパイプ喫煙の愉しい時間なんです。