google翻訳

Tuggle Hall × すっきりサラサラ気持ちい〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

Cornell&Diehlのバルク銘柄は全体的に乾燥している。
話によると保湿剤とか保存料のたぐいの添加物を加えないために
乾燥度を上げているとのこと。
なるほど、確かに荒く感じる銘柄でも嫌な味は感じたことはない。

添加物が入っていないなら、缶入りではあるが
Kajun Kakeがカビたのも(少し)我慢できるし
Cornell&Diehlの(勝手に想像しているだけだが)手作り感も好きだ。

バルクは人によっては乾燥し過ぎで刺々しい喫味に感じる事もあるかもしれないが
僕は、今回Cornell&Diehl銘柄が続いたこともあり口が荒さに慣れた。

この高い乾燥度には保存以外にも気分的な利点がある。
パイプ煙草を喫っていると、火点きや火保ちが悪かったり
喫い進めると底にジュースが出てしまい、
葉が湿って最後まで気持ちよく燃やせなかったりすることがあったりする。

もちろん、湿った葉が残ったりするのは、
パイプとの相性や喫い方、気温・湿度などの複合要因だとは思うし
僕自身も残ったら残ったで「あぁ、仕方ないな。」と考える。
それでも喫い終わりに「サラサラの綺麗な灰が残りました。」と表現されると
「上手に喫えたんだな」と感じるのが普通だろうし
気にしないとは言え、僕も喫い終わりがサラサラの灰だけだと何とも気分が良い。

そんな時、乾燥度合いの高いCornell&Diehlバルクは喫いやすい。
そして今まで他メーカーでもラタキア物は綺麗に燃える銘柄が多かった。

このTuggle HallはCornell&Diehlバルクのラタキア物。
これがどうなるかというと、”空気が乾燥していて”という条件もあるが
調子に乗って吹き戻すと灰が舞い上がるほどサラサラになる。
タンパーで押さえなくてもボウルの横からトントンと指で叩くと
ちょうどいい具合に詰まって火が安定する。
喫い終わりは「スウッ」と燃え終わる。
パイプから灰皿へはサラサラと灰を出せる。

確かに燃えるのはやや早いが、それでもボウボウメリメリ燃えるというわけではない。
すっきりラタキアで美味しい上に、
物足りないくらいに手間がかからず気持ちよく喫える。

どうも上手く気持ちよく喫えないくて困ったり
湿度が高くてイライラしがちな時に、
火点きや火保ちが悪くてさらにイライラするのは避けたい場合なんかは

コーンパイプの底に金網を設置して、Tuggle Hallを喫えば良いんじゃないかな?