google翻訳

Peter Stokkebye / Cube Cut

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

これはまた面白い刻み方!小さい小さいサイコロ。
ボウルにザラザラっと入れて、きゅっと押さえて…扱いやすい!!
火点きも火保ちも良いわ〜。ラクチン。

喫味はHALFandHALFから着香を抜いてナチュラルにした感じ。
思った以上に甘みもあるし、香ばしさもある。へぇー、いけるなぁ。

・・・。・・・。
あ、飽きてきた。やっぱりHALFandHALFと同じ系統の葉組?
バーレーたっぷり??

IMG_2568
smokingpipes.com/ピーターStokkebye:キューブカットより(直訳)

ピーターStokkebyeのキューブカットはバーリーはテネシー州から出て、高齢者の赤バージニアは、パイプの簡単なファイリングと緩慢燃焼のための小さな正方形にカットケーキやクロスに押されたトースト空気硬化のアメリカンブレンドです。

An American blend of air-cured toasted burley leaves from Tennessee, and aged red Virginias have been cavendish pressed for 36 hours. The pressed cakes are cros...

やっぱり、バーレー。
smokingpipes.comにはないけど、
tobaccoreviews.comにはキャベンディッシュの表記があるなぁ。。。

今回、バルクを色々試してバーレー物で気づいたこと。
・バーレーは最初から最後まで「オラオラ、どや!?」とぐいぐいくるので飽きてしまう。
・でも、気軽さ手軽さ扱いやすさは捨てがたい…。
Ready Rubbed Match/B&B/Cube Cutは燃焼後、パリパリに炭化した葉が残る。
・コーンパイプで喫うと、落ち着いた喫味になって最後まで楽しめる。

好みの問題、葉の特徴、喫い方の癖で変わってくる事とは思うけど
僕の中でバーレー系の印象が強く、よく燃える煙草は体育会系のイメージ。
暑い太陽の下、なるべく勢い良く煙を出しながら喫うのに良さそう??

間違ってるかもしれないけど、大まかにはそういう印象。