google翻訳

Kajun Kake × やっちまったなぁ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

やってしまった。Kajun Kakeにカビが生えた。
まだ3回くらいしか喫っていないのに、見事な白カビだ。

今まで手巻き煙草のシャグや梅雨時期のパイプ煙草もカビとは無縁で、
缶入りというのもあって完全に気を抜いてしまっていた。
確かにKajun Kakeはなかなかの湿り気があるが
梅雨時期でなく真夏にカビるとは想定外だった。。。

Kajun Kakeがリボンカットやフレーク系でなく
ケーキタイプだったことは幸いした。
カビが生えてもよっぽど放っておかないかぎり深くは浸透しない(はず)。
餅のカビが表面を取り除いて食べれば良いように
これも表面のカビを取り除いて、なるべく早く喫えばよい(はず)。

〜以下閲覧やや注意〜





IMG_2963
湿気のあるケーキタイプに生えたカビは非常に見た目が悪い。いかにもヤバそう。

あー、美味しかったのにもったいないなぁ。
味が変わってたら嫌だなぁ。
1回カビが生えたら、早く消費しないとまた次も生えるかもなー。

とか、考えながらブロックの6面を2mmくらいずつカッターで削りとった。
念のため、カットの台やカッターナイフはエタノールで消毒しながら。
目視で3〜4ボウル分くらいは削って捨てた。
そして、改めて試しの1ボウル分だけ取って残りのブロックは
さすがに缶には戻せないので、アルコール消毒したパウチにいれた。

いくら僕でもカビが目に見えている部分は喫えないが
削りとった後のカビが見えない部分なら何とか。
ドキドキしながら早々に試喫。

どうやら発見がまだ早かったのか根は浅かったようで
変な味も感じず美味しく喫うことが出来た。あー、良かった。

一応、他の開封済銘柄も確認したけど、
カビがきていたのはどうやらこれだけのようでした。

それでも、当面はKajun Kakeを臨時常喫として
なるべく早めに消費してしまわないといけないな。

コメント

  1. maron より:

    こんにちは。
    これは火を着けたらよく燃えそうですね・・・。
    コーネルディールは保存料など添加物を使用しないらしいので、その証左なのかもしれません。
    私はパイプたばこではまだ未体験ですが、葉巻は一度カビたことがあって、なかなか衝撃的な体験でした。

    この銘柄を検索して気づいたのですが、マクレーランドのCajunシリーズとはまったく関係ないのですね。
    Cajun葉はバージニアを燻製して漬けた、ラタキアとペリクを足したような加工をしているそうです。
    聞くだけで強烈そうな感じですが、機会があればぜひ試してみてください。

    • Kewpie より:

      開封から2週間ほどだったので驚きました。
      カビを削って移し替える際に意識的に袋を開けっ放して少し乾燥させたので
      今のところは再発していないように見えます。

      Cajun葉というのもあるんですね。
      smokingpipes.comを見てみました。黒っぽいパッケージのRoyal Cajunシリーズですね。
      実験的な感じで面白そうです。
      今の喫煙ペースだと来年になるかと思いますが…必ず試してみます!

      (maronさんは葉巻もされるんですね。僕はまだまだそこまで手が出ないです)