google翻訳

パイプの購入「Missouri Meerschaum Ozark Mountain Hardwood Pipe」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

これはMissouri Meerschaumから購入したのだがコーンパイプではない。
Hardwoodなので堅木とか広葉樹とかの訳になるとは思うが
実際、何の木なんだろう。
ドラムのスティックなんかと同じようにヒッコリー/オーク/メイプルあたり?

作りとしては、コーンパイプの形状と同じでそのままHardwoodに置き換わり
価格も$6.95なので700円程度だ。安い。
ブライヤーのような重厚感は当然無いが、軽い。
見た目もブライヤーパイプとは異なりチープなのだが【おっさんカジュアル】というか
コーンパイプと同様にオーバーオールを着たアメリカの農場のおっさんに似合いそうな
いかにもといった雰囲気を醸し出している。

IMG_3024

いいねぇ。チープだけどおもちゃっぽくはない。
それなりに作られた感じがある。

ちなみにボウルの裏底はMissouri Meerschaumのシールが貼ってある。
IMG_3032

さて早速、喫味の確認だがLegend StraightやDagner Poker Cobと同様に
ボウル全体にニス(?)がキツめに塗られているので、最初の内(特に初回)の使用では
このコーンやハードウッドの匂いというよりも、ニスの匂いを強く感じる。
とは言え、劇的に不味いとか吐きそうとかいうようなものではない。

ちなみに今回、一緒に購入した3種類のMissouri Meerschaum製品の試喫には
Cornell & Diehlでやや荒めと判断したバルク、
Orion’s ArrowやPoplar Campを使用してみた。

以前にも少し書いたが、想像通りというか何というか
やっぱりOrion’s ArrowやPoplar Campはコーンパイプ用か?と思うほど。

乾いたリボンカットの葉をがさがさっと雑に詰めて、
強めにグイグイ押し込んで火を点ける。はじめにぶわっと煙が上がる。
もうそれだけで「雰囲気が美味しい」。

喫い方も丁寧ではなくなってしまうので、再点火は何度か行うが
葉は湿気ること無く底まで綺麗に燃える。何の問題も心配もない。

コーンとハードウッドを比べるとハードウッドの方がより軽めの喫味に思う。
…と、思って分解したら紙のフィルターが入っていた。。。
まぁ、これはあと数回使って汚れたら外してしまおう。特に問題は無いだろう。

個人的にはMissouri Meerschaumに
「Dagner Poker Hardwood」を作って欲しいところだ。