google翻訳

McClelland / 2000 – Fragrant Matured Cake

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

「McClellandといえばケチャップ臭」というのが
どこのブログでもよく見られ、ドキドキしていたがそんな気配は全く無し。
葉の湿度の割に火点きは良く、慣れれば火保ちも悪く無い。
ほんのりミルクキャラメルのような薄めのあっさりした甘さが続く。
喉が乾くので、傍らに飲み物を置いて喫いたい。

IMG_2668
smokingpipes.com/マクレランド:2000 – 香りの成熟ケーキより(直訳)

この光は、マクレランドから香り成熟したケーキは、希望の伝統的な芳香族cavendishesの喫煙者だけでなく、部屋の中に甘いにおいがタバコを好む芳香族化合物が、誰に耐えることができなかった成熟バージニアの多くの喫煙者にアピールするように設計されていますクーラードライヤー喫煙タバコ。

This is a really distinctive tobacco that will enable you to satisfy and upgrade many aromatic smokers who have been sacrificing cleanness of burning to obtain ...

バージニアのみでクリームやヌガーの着香とのこと。
着香は弱め、バージニア風味も弱めだが、なぜか煙草感はある。
美味しいとは思うが、自分のなかでどう位置付ければよいか
どうもはっきりしないので、次に手が出にくくなってしまう。
「バージニア系が喫いたい」「着香系が喫いたい」のどちらの場合にも当てはまらない。

また、なるべく再点火せず、じんわり燃えるようコントロールしないと
嫌な味を感じてしまうという意味では
なるべく煙草に向き合ってじっくりと喫う必要があるので、
パイプ喫煙やこの煙草自体に慣れないといけないのかな?