google翻訳

Newminster / No.81 Denmark Pipe Cut

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

いよいよパイプ煙草を試すことになるが、
感想については先入観のないように葉組は試した後での確認を心がけている。
ただ、名称で想像がつくものや明らかにラタキアが入っているものは仕方がない。

また、なるべくパイプも詰め方も喫い方も色々試すようにはしているので
場合によっては、驚くほど喫味が変わったりする。

試した後に、確認の為に見ているサイトは
smokingpipes.com
tobaccoreviews.com
そして、以前挙げた各先人の皆さんのBlogが中心です。


乾燥気味のリボンカットで、よく燃えるので扱いやすい。
紙巻きタバコに近い印象で香ばしく軽やか。パイプを選ばずに喫える。
小さめのパイプでやや強めに詰めてちびちび喫うと甘みを感じることができ、
大きめのパイプでボウボウ煙を出すと「煙草喫ってるぜ!!」という気分も味わえる。

IMG_2717

smokingpipes.com/Newminster:No.81デンマークパイプカットより(直訳)

NewminsterのブレンドNo.81、デンマークパイプカットは、アフリカとアメリカのうち最高のバージニアと最高品質のブレンドです。それは自然なバージニア州の甘さだと芳香族この光は、軽度の煙です。

tobaccoreviews.com/該当ページなし

直訳なのではっきりとした意味はわからなくとも、その辺は雰囲気で。

smokingpipes.comによると、バージニアのみのブレンドとのこと。
「Family: Aromatic」となっているが、何かの着香がされているとは思えない…。
tobaccoreviews.comのほうには珍しくページが見つけられなかった。
しょっぱなから、マイナーな煙草を買ってしまったのかもしれない。

刻みの雰囲気としては手巻きのアメリカンスピリットとかに近いし
よく燃えてそんなに気を使わなくても喫えるので、
紙巻き煙草や手巻き煙草からの移行ならとっつきやすいと思う。
ただ、最初から最後まで1本調子の喫味なので飽きてしまうかも。

一応、試しに手巻きにもしてみた。
この煙草の持つ甘みは感じたが、それ以上にざらつきのある煙が気になった。
手巻きをショートスモークパイプで喫うのはアリだけど
パイプ葉のみを手巻きにするのはちょっとしんどいかもしれない。