google翻訳

パイプの購入「詳細不明(st.claudeBruyere/Garantie)」2本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 8

またもやヤフオクで。今度は2本セット。

なのですが…。
パイプについて細かいことがよくわからないままなので
どうせなら、安くてよくわからないものを買っておいて
外出や実験用にすれば良いんじゃないかと。

特に競合相手も出ず、2本5000円で落札。
IMG_2713

st.claudeということで、フランス製?
菱形にEPのロゴのある銀巻き?
大きい方の火皿が18mm
小さい方の火皿が17mm
どちらも細めで軽い。

ところが、小さい方のパイプの表面がこんな状態。
IMG_2727

ええっ!?塗装が禿げて、下の木が見えてる?
これってもしかしてブライヤじゃないの??
でも、刻印には「Bruyere」って彫ってある。
よくわからないけど、そんなのも含めて安物買いを決行したので別にいいや。

それより問題だったのは、マウスピースの煙道。
大きい方は3mmでまだ何とかいけた。
でも、小さい方は3mm以下。2.6mmくらいしかなくて細い。

中間煙道というわけではないけど、コントロールが難しくやたらとジュースが湧きやすい。
軽く喫ってるつもりでも、苦いジュースが口にくるっ!!
はじめてのジュース体験。最悪。

屋外で使う予定にしていたのに、実際に使うと一層コントロールが出来ずに
ボウルの底には、やたらと湿った葉が残ってしまうという非常に残念な結果に。

その後、ミニコーンパイプ購入の際にサービスでついてきた
15mmのスクリーンをボウルの底に装着してみた。

すると、何と驚いたことに
あれだけ湧いて困っていたジュースが湧かなくなっただけでなく、
煙道の狭さからちびちびしか喫えないことが功を奏してか
かなり甘さを引き出すパイプに大変身!!!

何となく、パイプにスクリーンをつけるという行為は
技術の無さを道具でごまかしているような印象だった。
でも、せっかく買ったパイプを使わないままお蔵入りにしてしまうくらいなら、
自分に合うように少し手を加えて、美味しく喫えるようにすればいいと思うようになった。

本当は、煙道を広げたりマウスピースの形状を変えたりしてみたいけど
不器用な上に道具もないので、そういう実験はまだまだ先かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする