google翻訳

Lane Limited / LL-7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

1-QRLP-6、LL-7となかなか不思議なネーミングが多いLane Limited。
僕の中ではやっぱり着香メーカーだ。

このLL-7はどうか。
火を点けた瞬間、ぶわっと煙草感のある煙が押し寄せてきて少し驚いたが
すぐに収まり色んな甘さの混じった煙に変わる。

香ばしさもあるのでキャラメルっぽくもあり、
生クリームを載せた焦げ目のあるホットケーキように思えたり、
RLP-6のようにワッフルのようなイメージが出たりする。

感じるイメージがふわふわと変化していくので
これというのを上手く表現することは難しいがとにかく香ばしく甘いバニラ系だ。
きつくない煙草感もずっとあり、これまた悪くない着香物だ。

IMG_2966

smokingpipes.com/レーンリミテッド:LL-7より直訳

、まろやかな柔らかい、やや甘い数は、レーンLL-7コンバインは、軽度の部屋のノートと穏やかなチョコレート/トーストマシュマロ味と簡単に、リラックスした煙を作成するプレミアムBurleysとバージニアでキャベンディッシュをトースト。

A majestic combination of Toasted Cavendish enhanced with premium Burley's and Virginias that provides zesty flavor, enchanting aroma and an unsurpassed smoke.

何がどう違って感じているのか細かいことは判らないが
1-Q>LL-7>RLP-6の順で僕の好みであることははっきり自覚できる。
どれもLane Limited製のバニラ系着香でよく出来ているのだが
名前を変えるだけあってそれぞれ違うものになっている。

着香物が好きでブレンド上手な人がいるんだろうな。
そういえば、今回はあと1つLane Limitedのバニラ系着香「Dark Red」があった。
細かいことはDark Redを喫って確認してからゆっくり考えてみよう。