google翻訳

Arango / Balkan Supreme

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

ラタキアは夏の間なるべく涼しい時間に試しましょう。

ラタキア物も思った以上に色々あって驚いている。
どの銘柄もそれなりにラタキアの癖は持っているものの
それの見せ方は千差万別。
いや特徴的な癖があるからこそ、ラタキア以外の葉の差別化を色々考えるのかも。

さて、Arango/Balkan Supreme
あっさり言ってしまうが、これは「良いラタキア」だと思う。

大体がラタキア物全般としてはガッツリしたものが多くて
ラタキア以外に加える葉もおそらく「ラタキアに負けない」ように入れるのかな?
で、あっちをガッツリしたからこっちもガッツリとなって
結果どっしりした喫味になるような印象。
(Cornell & Diehl/Tuggle Hallは逆にオリエントを抜いて上手くいってるが)

そんな中、Balkan Supremeは組み立て方がラタキア有りきでは無いように思う。
先ず、他の葉全体でバランスよくラタキアを支えられる状態にしてから
最後にラタキアで調整したようなイメージの味わい。
濃さはあるけど全体としては端正で甘みもありがさつな感じがない。

適切な表現が思い浮かばないけど「やたらとすっきりとカッコいい中東の男性」
男から見ても「何だよコイツ、カッコいいな。こんなのに見た目で勝てるわけねーよ。」
と、思わされるようなそんなバランス。くそっ!!

IMG_2986

smokingpipes.com/アランゴ:バルカン最高裁より直訳

ボディフルとラタキアを含んだ、アランゴのバルカン最高裁は、受賞歴のある煙を生成するために、ブラックキャベンディッシュ、トルコサムスンの微細東洋とバージニアで前述を兼ね備えています。

Full-bodied and Latakia-laden, Balkan Supreme combines the aforementioned with fine Orientals and Virginias with black Cavendish and Turkish Samsun to produce a...

何とも絶妙なバランスで出来上がっていて「こりゃすごい」と言いたくなる。

ラタキア物は元々、ピリピリした喫味や火点き火保ちが悪いといったマイナス点は少ないが
当然このBalkan Supremeにもそんなマイナス点はない。

あとは単純に好みの問題でしかない。